銀行カードローンを利用して学費を自分で支払う

大学や専門学校等の学費を捻出する為に、奨学金や教育ローンを利用する事が一般的となっています。両親の働きだけで学費を賄えない時にはこういったシステムを利用する事で計画的な借入れをする事ができます。

 

それでも奨学金※参考:

(※リンク先のページは日本学生支援機構(JASSO)の国内の奨学金(第一種奨学金・第二種奨学金)、または国内から海外留学を希望する方向けの奨学金情報です。)

 

や銀行のカードローンについては手続きに時間が掛かる事もあります。入学金の支払いは納入の期間が決まっている為に、入試に合格をしてから奨学金やローンの手続きをするのでは間に合わない事もあるでしょう。そんな時に多少の蓄えがあればそこから支払いができますが、生憎そのお金も無い時にはキャッシングやカードローンの利用を考える必要もあります。キャッシングやカードローンは申込みをすると即日融資も可能なので、奨学金や教育ローンが利用できるようになるまでの繋ぎとしても活用ができます。

 

 

【学生でも土曜日・日曜日にもキャッシングやカードローンの利用はできる】

 

親の仕送りだけでは生活費が足りない時もあります。学生生活で掛かる費用は学費だけではなく生活費も含まれます。そんな時には親に頼る事も限界となる事もあります。また学生生活の間に親の収入が激減する事もあります。そんな時には自分で学費を稼ぐ必要も出て来ますが、一度に大きな学費の支払いがある時には資金が足りない事もあります。そんな時にも不足額を補填する為にキャッシングやカードローンは便利です。

 

消費者金融や銀行では20歳以上ならば借入れが可能となっています。成人に達していればアルバイトをしていて安定した収入を得ている人ならば審査に通る事もできます。20万円〜30万円ならば借入れは可能と言えますが、消費者金融を利用する場合は総量規制があるので、年収の1/3以下までしか借入れができません。また一度に50万円以上の借入れをする場合には収入証明書を用意する必要があります。

 

借入れは消費者金融の方が審査が早く借りやすいと言われていますが、学生のキャッシングならば銀行系カードローンの方が良いかも知れません。土曜日・日曜日でもお金を借りる申し込みをすることは可能です。

 

 

【借金返済生活と就職活動】

 

学生であっても金融機関で自分名義で借入れをしたのであれば、きちんと返済をする義務を負います。学業と土曜日や日曜日のアルバイトの二足のワラジという言葉が当て嵌まる程、どちらとも手を抜けない状況になります。

 

学生にとって大変な事とは学業は勿論ですが、就職活動も集中して行う必要があり、時間もそれに取られる事が多いです。借金返済の為にアルバイトもしなくてはならないので、親の収入だけで大学に通っている学生に比べると就活の時間が取れないという事もあるでしょう。その為に結果的に満足できる会社に就職ができないという事になる可能性もあります。

 

学生の借金は返済が大変ですよ

また学生生活においても、初めは同じ位であったバランスもいつしか借金返済と自分自身の生活の為にバイトの方に大きく傾くようになってしまう事も多いようです。そのような状況になると学業が疎かになり、留年という事も現実となって来てしまいます。そして結果的に大学を辞めてしまうという事も良く聞きます。

 

大学を退学するような事になってしまうと、アルバイトと借金が残るだけとなります。キャッシングの金利は奨学金や教育ローンよりも高いので、リボ払いで返済をして行くと利息も大きくなります。返済期間が長引けばそれだけ多くの利息が掛かりますので、学生はなるべくならばキャッシングをしないようにしたいものです。

モビットで土曜日にキャッシングできた!

趣味のグッズ販売でどうしても欲しい商品があり、欲しかったのですが高額の為に次の給料日を待つしかありませんでした。それでも気になってしまうと今すぐ買いたい気持ちが膨らみ、とうとうキャッシングをして購入することを決意しました。あいにく曜日は土曜日、こんな日に貸してくれる金融会社なんてあるの?と思っていたら、モビットなら土曜日でもお金を借りることが分かりました。ネット申込み後、審査も早く終わったので欲しいモノをその日のうちにゲットできました!(会社員・28歳男性)